Loading

ブログ

非日常で、現実を客観視する。そんな時間を無理やり作りましょう!

昨日は、某所にて

一圓師匠主催の

ひとり社長合宿に参加しておりました。

 


別にワークをしたり

みんなで発表し合ったり

とかではなく。

 

 

2日間、日常の喧騒から離れて

自分のビジネスプランを作るという企画

 


7名の参加者が、

テーブル1脚ずつ陣取って

黙々と作業をするという

コロナ対策万全の合宿でした(笑)

 

 

私もそろそろ

今年の目標を数字で固めておきたいな

と思っていたので、

ここぞとばかりに、どっぷり浸かって

完成しました、事業計画書。

 

 

いやぁ、昔の職業病なのか

数字で未来を確認できると安心感が♪

 

 

基本的には、

事業計画書はザックリで

後はやってから微調整するというスタイルなので

今回は、1月~3月の結果

現状を把握(コロナ、為替、オリンピック等々)しつつ

4月以降の計画を、立てていきました。

 

 

過去3年間&今年の実績から

ある程度精度の高い数字が組み上げられます。

 

この段階で、事業計画を作れば

比較的実現性の高いものが作れると思います。

 

数字の積み上げも

根拠が無いと実現性がガクッと落ちてしまうので

ここでセミナーやって、〇名動員して

そっからクロージングで、〇名契約して

単価が〇円だから、売上がこうなってああなって

って感じで組んでいきます。

 


あとはこのスケジュールと目標に沿って

淡々、粛々とこなしていく。

管理は日報。これ大事。

 

 

こういった作業。

仕事の合い間でやろうと思っていても

なかなか出来ません。

 

かといって、まとまった時間を作ろうと思っても

仕事が気になって、後回しになってしまう。

 


これだと、いつまで経っても

着手できないんですよねー。

 

 

なので、

強制的に日常から隔離して

無理やり時間を作る。

 

 

しかもひとりでやると

ついダラダラしがちですが(私だけ?笑)

周りに同じ目的を持った人が居るだけで

ちゃんとやります(笑)

 

 

例えばあれですよ

学生時代、自宅だとなかなか勉強が

はかどらないので、

図書館に行って勉強する

的なヤツです。

 

 


みなさんも

強制的に日常から隔離して

じっくり自分のビジネスと

向き合う時間を作ってみては

いかがでしょうか?


経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■


▼▼▼メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
登録 解除
*メールアドレス
*都道府県
ビジネスにおける「コツ」や「目の付け所」について、浜崎が日々体験した事をベースに、分かりやすく掘り下げています。ビジネスで、さらに上を目指したい方、是非ご登録ください。

関連記事

  1. 電話越しでも面倒くさいオーラ分かりますよ(笑)
  2. 情報発信ツールの正しい使い方
  3. 地道ですがこれが近道
  4. 信念でモチベートは可能か?
  5. 体調不良で効率悪化したとき、リカバリーはどうする?
  6. 次のステージへの時間投資。実行していますか?
  7. 鹿児島初開催!書いた人から売上が上がる『売上日報』セミナー
  8. デマの終息を早めるためにも、お店が煽ったらイカンでしょ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP