Loading

ブログ

クロージングでNOになったお客様への次の1手ありますか?

 

日報コンサルティングのサービス提供を開始して

1ヶ月程度経ちますが、

すでに効果が現れている

クライアントさんが数社出ております。

 

 

まあ、ご契約いただいた方は、

真面目に取り組んでいらっしゃいますので、

いずれ結果が出ると思いますが

 

 

今回は、ご契約いただけなかった方のお話

 

 

日報コンサルティングのご契約は

日報セミナーが入口になっております。

これがいわゆるフロントエンドです。

 

ここから、さらに無料面談のお申込みをいただいて

個別のご相談に対応致します。

 

で、面談の最後に

コンサルティングご契約の有無を確認します

これが、バックエンドですね。

 

思いっきり内情を暴露しておりますが(笑)

 


ステップを踏むごとに

当然人数が減っていくわけですが、

 


無料面談→コンサルティング契約の過程で

NOと言われた方たち。

 

セミナーに興味を持って頂き

面談も受けたいと言っていただいたという事は

ある程度前向きな意思を持っている方です。

 

 

この方たちのNOの理由って何ぞや?と

 


1.値段が高い?(笑)

2.日報は必要ない

3.効果も分からんのに顧問契約は不安

4.そんなにちょいちょい相談することある?

こんな感じなのかなと、

 


1については、うーん、これはもう

どうしようもないです(笑)


「高利益商品でリピート化しましょう!」


と自分で言っておいて

安売り(モニター募集等理由があれば別)する

つもりはありませんので(笑)

安売り=自ら商品の価値を下げる

ですからね。

 


ただ、2~4については

代替サービスが準備できるのでは?と


日報はいらんけど、

コンサルティングには興味あるとすれば

相談のみの顧問契約や

短期のプロジェクト型の契約

スポットコンサルティングなら

OKとなる方もいたのでは?と

 


これもったいなくない?と

大反省です…

これは、即改善案件です。

もう骨子は出来てますが

あとは、案内ツールを作るだけ

 

 

みなさんもお客様にクロージングをして

NOとなった方に対して


1.はい残念。じゃあ次の新規!

2.NOの原因を分析して次の新規につなげるぜ!

って感じでしょうか?


1は論外です。効率悪すぎです。

2はやってる所も多いと思いますが

トークスキルなどの範囲内でしか効果が得られません

根本的な商品は一緒なわけですから。

 

 

ではなく。

NOと言われた方に

ならこれならどうでしょう?と

NOの理由を解決できる次の商品を提案する

 


興味はもっているのだから

次のお客様に行くより

はるかに成約率が上がると思いませんか?

 

 

フロントエンドで来ていただいたお客様に

商談のステップまで行けたのなら

最初の提案とは別の2の矢、3の矢を

予め準備しておく。

 


コップからあふれた水を

受けるお皿を何枚も準備しておくように

 


一度、コップに入った水は

こぼしませんよ作戦(笑)

 


いかがでしょうか?


経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
登録 解除
*メールアドレス
*都道府県

関連記事

  1. 分からない事聞くだけで、働き方改革!
  2. しゃべるスキルよりどれだけ気持ちを乗せられるか。忘れちゃいけない…
  3. ブレちゃ駄目だ。ブレちゃ駄目だ…
  4. レスポンスは早い方が良いのは分かってるけど…
  5. アイデアの化学反応。異業種が関わることで慣習や固定概念をぶっ壊す…
  6. 情報発信ツールの正しい使い方
  7. 業界の常識≠お客さんの常識。分かっているようで、浸透していない事…
  8. 今までの常識。本当にそれで大丈夫ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP