Loading

高単価戦略の最低条件


昨日の夕食は
テイクアウトを利用しました。


当初Uber Eatsにしようかと
思っていたのですが

近くの海鮮系居酒屋が
(大手飲食チェーン店)
以前から気になっていたので

 

スマホで注文、決済して
あとは取りに行くだけ

テイクアウトもだいぶ
便利になりましたね。

 

時間が来たので
取りに行き

早速、「実食!」(笑)

 

 

結論。美味からず(悲報)


マグロが生臭い。。。

テイクアウトで時間が経っていた?
とかも考えましたが


他店利用の際は
気にならなかったので
違うかなと。

 

そもそも
テイクアウトで
著しく味が劣化するなら
販売しちゃいかんでしょ。。。

お客さんは、お金払うわけですし。


管理の問題だと思います。

 

で、一番残念なのが
海鮮専門をうたっていて
メインの料理に欠陥があるという
ちょっと騙された感満載の結末。


大手チェーン店なんですが
店名パクリ疑惑で有め。。。失礼(笑)

 

 

それはさておき
私が推奨する高単価戦略において
最低限必要な基準があります。


それは
提供する商品やサービスが
同業他社と比べて
劣っていない事。


当たり前と言えば
当たり前ですが

劣悪な商品を提供して
高価格にすれば
それはただのボッタクリです(笑)

 

品質面をクリアしたうえで
それ以外の付加価値を高め
高単価を設定する。


別にハイクオリティである必要はなく
平均からチョイ上くらいで十分です。


それでも
品質面がクリアできないなら
価格競争撤退しかないです。


私は撤退をおすすめします。
どうせジリ貧になりますから。

 


ですから
肉専門なら美味しいお肉
魚専門なら新鮮な魚
って感じで


私は〇〇屋です

と名乗るなら
せめてその道くらいは
ある程度極めたうえで
高価格戦略にシフトしていただきたい。

 

やるなら平均以上は担保する
無理ならやらない。

 

食べ物の恨みは怖いのです(笑)

 

あ!
揚げ物は美味しかったです(爆)

 


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
集客する前に、利益を増やす2つのポイント


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに500号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
登録 解除
*メールアドレス
*都道府県

関連記事

  1. 忙しくて時間が無いのは、優先順位が違うだけ。時間は作ればある。
  2. 金額交渉ではなく、思い出話。適正利益を確保して、営業を効率化。
  3. 情報発信ツールの正しい使い方
  4. 客数重視戦略 VS 高単価商品戦略
  5. 悲しいかな、人は忘れる生き物。タスクは記憶が新しいうちに。
  6. 顧客の不満は分かりにくい
  7. 私はプリマになる!そう決めた時
  8. 天文館の○○ってどうよ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP