Loading

ブログ

周りから〇〇と言えばアナタ。と認識されていますか?

昨日、クライアントさんから
複合機の業者さんを知りませんか?
とのお問い合わせをいただきました。


私自身は、複合機自体を
あまり利用しないため
リースもレンタルも
していません。

A4サイズの
小型レーザープリンターを
購入して
トナーと用紙を随時購入しています。

大型の印刷や
大量の印刷は
ネットでお安い業者さんがいるので
丸投げでございます。はい。

といったこともあり
私が直接お取引した業者さんは居ないので
知っている業者さんで
頭の中を探っていたら
お一人ポンっと出てきた方がいました。

こういった経験
よくあると思います。

誰か居ないですか?とか
どこか良いお店知りませんか?とか
聞かれた時に

どのくらいの候補が
頭に浮かびます?

せいぜい3つ
多くても5つくらい
ではないでしょうか?

この候補って
なぜパッと頭に浮かんだと思いますか?

普段仲良くしている人でも
どんな仕事をしているか
よく分からない人も居ます

お店でも
すごく美味しかったとかでは
あまり思い出さない事も
多いのではないでしょうか?

では、その思い浮かんだ原因は…

頻繁に接触しているかどうか
です。

業者さんであれば
会うたびに〇〇の販売をやってる
〇〇ですと名乗っているとか
SNS上で、頻繁に
仕事の内容をアップしていたりとか

あーこの人、普段
こういう仕事やってるんだぁ
なんて、無意識に意識している
人だと思います。


お店でも
割と頻繁に利用している店
だったりとか
お店からよくLINEやメルマガが
届いているところで

そういえばここの店よかったなぁ
また今度行ってみよう
なんて思っているお店じゃ
ないでしょうか?


では、では
アナタはどうでしょう?

誰かがあなたの知人に
紹介して欲しい
教えて欲しいと
言った時に


知人の頭に浮かぶ
候補の3人に
しっかり入る事はできますか?


仲良くしているけど
自分がどんな仕事をしていて
どんな顧客を
ターゲットにしているかを
明確に伝える事ができていますか?

この候補に入れるかどうかが
ご紹介をいただけるか否かの
分かれ道になります。

自分の仕事の情報発信
やらないと損ですよー。


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
現状脱却に必要な「3+1+1」の条件

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. それって「経費」で考えて大丈夫ですか?
  2. 忘れるスピードを侮るなかれ
  3. コロナ融資は、創業資金という感覚で。
  4. 広告費は固定費ではなく変動費で捉える。イメージ広告ではないですよ…
  5. 時間の大切さを知る方法
  6. 現場対応力を身につける技術
  7. パンを買い忘れても大丈夫!また買えばいい。
  8. 後回しグセのある人向け、最強ノウハウ…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP