Loading

ブログ

気になるけど、言わないお客さん。対策しないと、ズルズルと逃げていきますよ。

ども、日報コンサルタントの浜崎です。


昨日は、ここ最近ずっと気になっていた
庭木の伐採をお願いいたしました。


昨年もお願いした
知り合いの業者さんだったんですが

もともと、交流がある方なので
まぁ、そこまで気を使わなくてもいい
お客さんだとは思うんですが


ちゃんとマスク着用で
「手を洗いたいので、水道をかしてください」
と、ハンドソープ持参で来られました。


外仕事ですし(オープンエアー)
作業中も一緒に居るわけではないので
基本、NO三密状態だと思っていたので


私は全然気にしなかったんですが
親しき仲でもしっかり対策されていました。
こういう時期ですしね。うんうん。


お客様にもいろいろなタイプが
いらっしゃいます。

こういった細かいことを

1.全然気にしないタイプ
2.気になって、不満を言うタイプ
3.気になるけど、何も言わないタイプ


1は、ありがたいお客様ですね(笑)

2も、言ってくれるので、
うまくフォーロー出来れば、リカバリーも可

問題は、3のお客様。
しかも結構な多数派。


何かしらの不満を抱いているんですが
それを一切言わない。


そして、リピートしてもらえないという結末。


これは、非常にもったいない。


何とか、次に繋げていきたいですよね。
では、どうしたらいいでしょう?


今回のコロナ対策の場合

しっかりマスク着用
検温して健康管理
アルコール消毒の徹底

等々、ありますよね。


そんな事しっかりやってるよ!
という方も多いはず。


では、それをしっかり見える化
していますか?


先の業者さんですと
マスク着けてる
目の前で、手を洗ってくれる

ちゃんとやってますよ感
しっかりアピールされていました。

さすがです。


つまり、どんなに
徹底した対策をやっていたとしても
それがお客様に見えなければ
やってないのと同じ


という事です。


今回のように実際にやって見せるのも
良いですし


ブログやSNS等で
対策している画像や動画をアップしたり
するだけで、
お客様の印象はだいぶ変わるはずです。


飲食店などでは、
間引きした席の画像上げる
ソーシャルディスタンス対策アピールも
大事だと思います。


さらに、
新規でテイクアウトを始めたお店も
多いと思いますが

こういう時期だからこそ
「衛生管理ってどうなってんの?」
と思っているお客様も多いはず。


知り合いクラスまでなら
応援も兼ねて、買ってくれると
思いますが、

それ以外の一般のお客様は
そんなに甘くありません。

もともとテイクアウトをやっていた
お店の方が安心だと思うのは
当然です。


美味しそうなお弁当の写真は
確かに購買意欲を掻き立てますが


それを店で食べずに
テイクアウトしようという行動まで
誘導できるか?


どんな環境で作ってる?
手袋してるの?
作り置き?鮮度は大丈夫?

出来てすぐ食べる店内飲食とは違い
テイクアウトは気になる事が
多くなります。


来店確率を数%でも上げることが出来るなら
「やれる事は全部」
やった方がいいですよ!

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

脱!営業スキル 高単価・高利益率商品を売るための「3ステップ」


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 事業承継は「可視化」と「ブレーン」
  2. 思考を止めるな!当りが出るまで打ち手を出し続けるのが大事。
  3. 夢があるから、前に進める!
  4. 詰め込みすぎると動かない。走り出すまでは、身軽で。
  5. 週刊〇ャンプがやめられないのはなぜなんだ!?
  6. 新商品を売る前に、必ず考えるべき事。
  7. 業績が悪い時ほど数字と向き合う。臭いものには蓋をしない。
  8. 悲しいかな、人は忘れる生き物。タスクは記憶が新しいうちに。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP