Loading

ブログ

持続化給付金(個人)の申請完了。まだの方のために、手こづったポイントを紹介。

ども、日報コンサルタントの浜崎です。

今日は、色んな方が書きまくっておりますが
私も便乗して(笑)

申請完了した「持続化給付金」について

とは言っても
流れ的なお話は、溢れておりますので

実際やってみて、
気になったところを紹介させていただいて
申請がまだという方のお役に立てればと


私は、個人事業でやっているお店で
申請したので、100万円のバージョンです。


法人は、今年設立だったので対象外。
うーん残念…


全体の流れはざっくりと

1.メルアドで仮登録
2.メールのURLリンクで、ID/パスワード入力で本登録
3.申請情報と証拠書類をアップして終了。


詳しくは、こちら
https://www.jizokuka-kyufu.jp/procedures_flow/


では、ポイント

その1 とにかくつながらない(笑)

これは、まぁ予想通りですね。
仮登録と本登録どちらの時も、くらいました。

午後一でアクセスしましたが、
サーバーダウンで何度か弾かれました。

昼過ぎ→仮登録、夜→本登録という感じでした。

諦めずに、時間をおいたりしてリトライしてください。



その2 給付額は一律100万ではない

昨年の年商-(今年の50%ダウン月の売上×12)
と100万円を比べて
いずれか少ない金額が支給金額になります。

計算自体は、フォームに必要事項を入力すれば
自動計算されるので、問題なし。

年商規模が数百万とかでなければ、基本100万円
になると思います。


その3 添付書類は別ファイルにしておく

必要書類は
・確定申告書第1表(売上や税額が書かれた用紙)
・青色申告決算書(1)(売上から所得金額までがかかれた用紙)
・青色申告決算書(2)(月々の売上が書かれた用紙)
・今年の減少月対象の売上が分かるもの
・本人確認書類
・通帳の写し
ですが、

1枚づつバラバラにアップしないといけないので
1つのPDFファイルにまとめてある方は
分割する必要があります。

フリーのソフトで分割するか
Chromeを使用すれば、簡単にできます。
やり方は、「PDF 分割 Chrome」で検索すると
たくさんでてきます。

それでも無理という方は、印刷して
カメラで撮ってください(笑)


その4 対象月の売上資料は基本何でもOK

50%以上減少した月の売上を証明する資料は
基本何でもOKです。
但し、その月の売上だとわかるようにしてください。
(2020年〇月と日付が入っている事)

マネーフォワードやフリー、
会計ソフトを利用されている方は
資料をPDFで出力すればOK

エクセルで売上管理をしている方も
PDFでエクスポートすればOK

そんなの分からん。
もしくはアナログで売上台帳をつけている方は
これまたカメラで撮ってください(笑)


その5 電子申告の場合は受信通知書が必要

確定申告書は収受印がないといけませんが、
電子申告の場合は、収受印がもらえません。

電子申告時に受信通知が届いていると思うので
それを追加書類としてアップしてください。


実際やってみて、引っかかったところは
こんな感じでした。


ただ、だいぶ簡略化されているので
上記のポイントを押さえて
準備しておけば
10分程で、申請できると思います。


売上基準が少々厳しいですが
この手間で100万円(法人は200万)いただけるなら
ありがたいことだと思います。


該当する方は、
必ず申請しておきましょう!



■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

脱!営業スキル 高単価・高利益率商品を売るための「3ステップ」


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 違和感を感じたら、早めの対処を。ケガは軽症の方が治りも早いです。…
  2. うまくしゃべることが目的になっていませんか?
  3. 地元の小児科から垣間見た、働き方改革の正しい取り組み方。
  4. クライアント専用日報。響きがアレっぽくて何かイイ(笑)
  5. 楽観視せずに、最悪のシナリオも想定したうえで準備をする。だって経…
  6. ZOOM飲み会で再認識。リアルの大切さ。
  7. 間口でお客様を選別する。フィルターにかけないと後が大変。
  8. 継続の敵はストレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP