Loading

ケイツネを意識してますか?

毎回、日報セミナーをする際は
事前にアンケートを取るんですが


経営に関するお悩み無いですか?
の質問に対して

売上をアップするには?とか
客数をアップするには?

といった事を気にされている方が
多いです。

 


まぁ当然と言えば当然なんですが
経営者なら
気になる売上や客数。

先月の売上は?客数は?と
聞けば
ほとんどの方が答えられる数字。

 

しかし、このご時世。
売上や客数を上げるのは
至難の業。


それよりも
売上より客数より
いちばん忘れちゃいけないのが

「経常利益」です。

売上から
原価やら固定費なんぞを
全て差っ引いて
純粋に会社に残る
「儲け」の数字。

 

売上がどんなに上がろうが
客数がどんなに増えようが
「利益」が残らなければ
次への投資も出来ませんし
資金繰りも良くなりません。

 

その割には
先月の「経常利益」は?
と聞いても
答えられる経営者の方は
ほぼ皆無。。。
摩訶不思議アドベンチャーです(笑)

 


利益が増えるなら
売上は下がっても
良いんじゃないですか?


A売上前年比130%、経常利益前年比70%
B売上前年比70%、経常利益前年比130%

どっを選ぶかって言ったら
迷わずBですよね。

 


では
売上を増やさずに
経常利益を増やすには
どうしたら良いか?


「利益率を改善する」です。

売上1,000万円で
A利益率50%
B利益率30%

Aの方が200万円
利益が多くなります。


では利益率を改善するには
どうするか?

 


1つ目は、原価率の改善

多くの方は
原価を減らす
つまり仕入れコストを
減らす方向に考えますが

それをやっちゃうと
品質を低下させる
恐れもあるので

やって欲しいのは
販売単価を上げて
間接的に原価を減らす。

 


今持っている
商品やサービスに
自社らしさを付加する。


これも意外と
既に自社らしさがあるのに
気付かないまま
価格競争に没頭している
という方もいらっしゃいます。

 

非常にもったいない。

 

2つ目は、固定費の圧縮

無駄な経費を削るというやつです。
広告費や通信費
リース料や地代家賃

惰性で支払っていたり
相場より高い設定になっていたり
自動更新で再リース料だけ
払い続けていたり


見直すと結構出てきます。

 

上記2点を
徹底的に見直せば、
利益率を改善→経常利益のアップ
と繋がります。

 

まずは、出来ることから改善


商品の「らしさ」発見と
「無駄遣いの」の見直し


ぜひやってみてください♪

 


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
マイナスイメージをギャップの心理で逆転する!

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに400号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. こだわりの先にあるもの。。。
  2. 数字って苦手…なんて言ってたら、いろんな場面で、損す…
  3. リピート戦略でこの危機を乗り越えましょう!
  4. こだわりと利益の分岐点
  5. 渾身のプロジェクト…捨てる勇気を持ってますか?
  6. 方向性とゴールはセットで。
  7. もう準備不足じゃ許されない
  8. 良い機材で完璧のはずだったのに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP