Loading

ブログ

今までの常識。本当にそれで大丈夫ですか?

昨日、テレビを見ていたら
世の中のダメな事やこれじゃなきゃイカンみたいな事の
理由を知ってるかい?みたいな番組をやっておりました。


少ししか見ることができなかったんですが


例えば

銭湯でタオルを湯船につけちゃダメな理由は
タオルの繊維がろ過機に詰まって壊れるから

→へぇ、衛生面ではなかったのね


スーパーの葉物を留めているテープが
紫なのは、緑の補色だから

→全然気にも留めてなかった(笑)


スーパーの惣菜用トレイをとめる輪ゴムが
カラー輪ゴムなのは、異物混入を防ぐため

→焼きそばとか確かに分かりづらいわ


という感じで、

普段なんとなく、前からそうだったから
敢えて理由とか考えてなかったけど
改めて聞かれると「??」となる
事例を集めた番組でした。



貴重な雑学が増えて良かったなと思ったのと
意外と理由を追求せずに
当たり前に過ごしている事って多いな
と再認識しました。


ビジネスでもそう言う事って多くないですか?


前任者がこうやっていたからと言って
疑いもせずに無駄なことをやり続けていたり


業界的にこうするのが当たり前だからと
異業種から見れば非常識な事を
平気でやってしまったり


あまり深く考えずに
惰性でやっている事ってありませんか?



私も会計事務所勤務の経験で
そこで学んだ常識に囚われたまま

自分の経営でもそれを当たり前のように
やっていました。


例えば、

勘定科目ごとにきっちり予算を組む事に
膨大な時間をかけて
出来上がった予算を見て満足する
みたいな(笑)


実際、大枠だけ抑えておいた方が
後々、柔軟に対応できるので
最初に無駄な時間をかける必要は無かった


そもそも未来の事なんて
どうなるかも分からんのに
きっちり数字押さえてどうすんの?

って事です。まさに自己満の世界。(笑)


それよりも、目的(ビジョン)を明確にして
それを実現するための
行動計画に重きを置く
べきで


数字はあくまでも進捗状況を把握すための目安
程度で良いということに
しばらく気付いてなかったですからね(悲)



様々な環境に身を置き
「あれ?」っとなった時に
初めてその理由を深掘りする


早めに気付かないと
どんどん遠回りをしてしまいます


自分が今居る環境だけで
突き進んでいくと
なかなか気づきにくいものです。



コンサルタントの存在は
様々な業種の事例を
クライアントへフィードバックすることで
早めにその違和感や新しい切り口に気付いていただく
ためのお手伝いをする事

という側面もあると思っています。



来週5月26日開催の「売上日報セミナー」は

500社以上のコンサルティング実績の中から
選りすぐりの事例発表
も兼ねています

日報に興味のある方だけでなく
様々な業種の成功事例を知る事で
自社の新しい気づきも得られると思います。

残席若干の余裕がございますので
追加募集いたします!

クレジット決済なら、25日まで受付します。

お申込み、詳細はコチラ
→ https://peraichi.com/landing_pages/view/nipposeminar

※ZOOM開催。自宅参加可。ビデオオフ参加可。

 

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
一人社長で店舗型ビジネスをやるなら、この3つはやっちゃダメ!


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 逆境の後には、ビッグウェーブがやってくる!
  2. クレームになりきらないチョイトラブル。放置体質だと大ケガします。…
  3. 「らしさ」がマニュアルを超える時
  4. 不安の原因は、必要の無い情報を取り入れるから。必要なのは客観的事…
  5. 家って建てた後の方が大事じゃない?建てて終わりじゃないですよ。
  6. 隣の芝生が青く見えても…行っちゃダメ。
  7. 行動は制限されていても、頭はフル回転出来るハズ。
  8. 目的がないと目標が迷走。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP