Loading

ブログ

欠点をウリに!隠さずに前面に出す。

現在の厳しい環境の中、

自社の商品を

どうにかして売っていこうという

皆さん知恵を絞って工夫されています。

 

 

売り方を変えたり

SNSのグループを利用したり

メディアを活用したり等々

 

何とか現状に合わせて

売上を構築していこうという

エネルギーが伝わってきます。

 

 

と、自社商品を売っていくにあたり

うちの商品のウリは何だろう?

 

何を打ち出せば、お客さんが

興味を持ってくれるのか?

 

なんて事を考えながら

紹介文やアピールポイントとかを

考えているんじゃないでしょうか?

 

 

逆にあまり声を大にして言いたくない事

ウリではない部分

 

ランチだけどちょっとお高い

お酒だけど賞味期限がある

高級時計なのに時間がズレる

 

といった、一般的に考えると

マイナスのイメージになってしまう要素。

 

こういの無いですか?

 

さすがに隠す訳にはいかないですから

説明の最期のほうに

申し訳なさそうに書き添える

「但し、○○です」といった感じで(笑)

 

 

この負のイメージを持たれがちな要素は

どう控えめに説明しても

普通は「あ~○○なんだぁ」と思われてしまします。

 

ならいっそのこと、

この欠点を商品のウリとして全面に押し出しては

いかがでしょうか?

 

 

先ほどの例なら

 

昔ながらの製法で手間暇かけた食材で作った
添加物0のオーガニックランチ

普通のお酒では味わえない
芳醇な香りを楽しんでいただくため
賞味期限があります


最高峰の職人が一つずつ組み上げた
芸術作品を思わせる機械式ムーブメント
アナログならではの良さをご堪能ください。

 

キャッチのセンスは置いといて(笑)

 

欠点を「○○だから△△なんです!」と

理由をつけて

そういう興味がある人向けにアピールする。

 

「いいでしょ?こういとこ」と

グイグイ寄っていく感じ。

 


必ず居るんです。

故障ばかりする車が好きな人とか

ちょっと異端児的なものが好きな人が

 

もし、自社の商品で

これが無ければ売りやすいんだけどなぁ

という部分があるなら

 

いっそ、そっちをウリにして

こういのう好きな人いないかな?

と考えてみてはいかがでしょうか?

 


経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

ひと工夫するだけで、欲しい人材が集まる求人のコツ


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 敢えて敵の術中にハマってみる。答えはこんな所にありました。
  2. メルマガとSNSの違い。ついでにブログ。結論…全部や…
  3. 隣の芝生が青く見えても…行っちゃダメ。
  4. お客さんにならなかった方へのフォロー。やってますか?
  5. 次のステージへの時間投資。実行していますか?
  6. 同じ看板掲げてるなら、お客様にとっては全て同じ店。直営、FC、オ…
  7. 目標達成スピードをアップするには?
  8. 「Yes」or「No」接客は不正解。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP