Loading

ブログ

不安の原因は、必要の無い情報を取り入れるから。必要なのは客観的事実だけ。

最近のネット記事でよく目にする内容。

感染者や医療従事者に対する誹謗中傷という記事

 

感染者が、まだ4名の鹿児島でも

医療従事者が差別や苦情を受けたり

感染者が出た地域出身だからとイジメられたりと

もうヒドいもんです。

 

こういう、自分の事しか考えられない

困った人たちには、イラっとしますという

私の気持ちは置いといて

 


私のメルマガでもちょくちょく出している

生存本能欲求のお話。

 

 

今まさに、身近に生命に関わる危機が

迫っている状態なので、

多くの方が、人との接触にナーバスになったり

「何であの人マスクしてないの?」とか

近くで咳する人がいたら過敏に反応したりと

過度のストレスを感じているんじゃないかと。

 

 

私もビビりなんで、多少の不安はございます(笑)

 


で、多くの方は、自分の中で

どっかで折り合いをつけて、

他人様に当たり散らすような事はしませんが、

 

一部の方は、自分で解決できない方がいらっしゃると…

 

何が違うんでしょうねー。

 

性格じゃね?で一蹴すると話が終わっちゃうんで(笑)

ちょいと分析を

 

 

私自身の体験も含めての見解ですが

不安と理性のバランスが崩壊すると

迷惑人間が誕生するのでは?と

 

「不安<理性」の状態なら

うまく自己解決できると思いますが

 

「不安>理性」となってしまうと

自己処理能力がオーバーフロー

 

一気に自己防衛モードに入って

自分を守るために周りは全て敵!

みたいな思考になってしまい、前述のような

理不尽な行動を取ってしまうんじゃないかと。

 

 

私も創業2年目くらいまでの

大赤字&金が無い!の時期は

そりゃもう人間不信爆走中でした(笑)

 

 

そんな中でも、人様に迷惑を掛けずに済んだのは
(家族には迷惑かけましたが…)

頭に入ってくる情報を制限したからでしょうね。

 

不安の原因になる情報の中には

要らん情報もたくさんあるわけです。

 

一般論だったり

他人の主観だったり、

物事を悪い方に捉えるネガティブな自分だったりと

 

これらの情報を全て排除して

客観的情報や事実だけを頭に入れる

 

そこから最適解(自分なりの)を導きだして

あとは、解へ向かって

粛々と行動する。

 


私の場合、そうせざる負えない所まで

追い込まれたという事もあるでしょうが(笑)

 


こんな状況ですが、

客観的事実だけをインプットして

自分で考えれば

他人を非難してる場合じゃないと

思うんですけどね♪

はい。

 

 

皆さんは大丈夫だと思いますので

早速、客観的な情報やノウハウのみを

インプットしましょう!(笑)

<緊急開催>
「資金調達&売上再構築支援」セミナー

https://peraichi.com/landing_pages/view/coronaseminar

申し込み締め切りは、4月13日(火)まで!


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 小規模事業者のこれからは、どれだけキャッシュアウトを抑え込めるか…
  2. 確証バイアスの罠
  3. 勿体ぶると余計怪しい。
  4. アナログからデジタルへ。媒体を変えるだけでは、結果は期待できない…
  5. やっぱり、ライブっていいよね!
  6. 伝えたい事は間引くんじゃなくて、削る。
  7. 業績が悪い時ほど数字と向き合う。臭いものには蓋をしない。
  8. 「不」の解消から作るサービス。満足度上がります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP