Loading

ブログ

定休日を増やした方が良かったと思える理由

 

今月、迷いに迷って決断しました。


4月から、店の定休日を

1日増やす事にしました。

 

毎週土曜日→毎週水・土曜日へ

 

店舗型の経営者の方は

分かっていただけると思いますが

休みを増やすと売上減るんじゃないか病

ってありますよね?(笑)

 

 

実際、休み土曜だけの時も

日曜日来店されたお客さんが

「昨日閉まってたね」なんて

言われると、

土曜も開けた方がいいのかな?

なんて衝動にかられることもあります。

 

 

でもねぇ。この声をいちいち聞いていたら

母体の営業時間(元日以外 9:30~23:00営業)全部、

開けないとイカン。

 

実際、「昨日閉まってたね」と言った

お客さんも、また来てくださってるし

本当にうちが良いと思っている方は

再度来店してくださるのかなと。

 


買い物ついでに来れるわけだし。

 

 

で、現在私の事業の優先順位は

コンサルティング事業が最優先。

 

実現したい項目は


1.コンサルの時間を優先的に取りたい

2.お店に関わる時間は極力減らしたいので、他のスタッフのシフトを増やして対応する。

3.お店にも自分のお得意様が、一定数いらっしゃるので店に入る時間も確保したい。

4.今後の経済状況を考えると、固定費は抑えたい

 

以上、4つ。

これらを総合的に考えて、出した結論が

 


もう1日定休日増やしたらいんじゃね?

 


でした(笑)

 

 

結果

1.定休日が増えることで、お店のフォローを考えずに、コンサルティングに集中できる日が増える。

2.人件費をこれ以上増やすことなく、店のシフトを埋めることが出来る。

3.営業日数を減らしたことで、お客さんを集中させることができ、自分が対応できる日数が増やせる。


以上のような効果が期待できるかなと。

 

 

お客様にはちょっと申し訳ないですが

敢えて営業時間を減らすことで

残りの曜日で

効率的に対応する仕組みが作れるのかなと。

 

 

閉まっている事での機会損失は

さほど無いと踏んでいます。

 

 

扱っているメイン商材が

ジュエリーなので、

買い物ついでに持ち歩けるため

急いでいないお客様が多い

 


店が閉まっていたことで、

他店へ流れる可能性のあるお客さんは、


開いていたとしても、相見積もりの対象になり

査定のみで他店へ流れ

結局、徒労に終わる可能性が高い。

 

 

という事は、時間コストを考えると

逆にお得!

 


最初から、望まないお客さんを

フィルタリング出来ます。

 

営業日数減らすことで、

やりたい事やりながら、効率化が図れそうです♪

 

 

365日休まず働いていますというアナタ。

やりたい事をやる時間を作る事も

次のステージへ行くために

必要なスケジューリングですよ。

 

 

アナタが良いと言ってくださるお客さんは

休んでも、しっかり待ってくれますよ。

 

待てないお客さんは、

アナタの望むお客さんではありません(笑)

 


経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

経営の不安に打ち勝つ方法とは?


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 情報を知っているか否か。この差は大きい。
  2. 前例が無いものを作り上げる。必要な条件とは?
  3. 箱根駅伝にわかファンの浜崎が、結果データのみを検証して感じた、ビ…
  4. 受動的な人への情報発信。どこに置く
  5. 動画の圧倒的情報量。素人でもカルボナーラが作れるレベル。
  6. お客さんに「買いたい」と思わせるコツ
  7. プロフィールを短くまとめるのって難しい。
  8. まだ利益率で売価設定してます?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP