Loading

ブログ

ライダーショーをプレゼンに見立てて考察してみました(笑)

お正月といえば、ライダーショー(強引ww)



妻の実家に行っていて、たまたまタイミングが合ったので

近くのスーパーで開催された

「仮面ライダーゼロワンショー」を見に行きました。



鹿児島市内で開催されるときと違い、お客さんもさほど多くなく

30分くらい前に到着しても、かなりの至近距離から

楽しむことが出来ました。



30分程のショーを満喫して

その後は、握手会と撮影会へという流れでした。



ショーには、少ないとは言っても

150名とか200名規模の人が、集まっていたと思います。





そこから、サイン色紙の販売&握手会

からの撮影会という、案内だったのですが…



意外と並ばない…




ショー自体は、出演キャラも構成も

「ザ・ライダーショー」という、懐かしさも感じるほどの展開。



王道パターンなので、子供たちの心(私もw)も鷲づかみでしたよ。



でも何故か

それ以降の集客につながっていませんでした。




終わった瞬間、

サササーっと、みんな撤収って感じ(汗)




ショーの開始から、最後の握手会の案内まで

ずっと見ていて気になった事。



ショーは良かったのに、

その後につなぐ段取りが、あまりよろしくない。


ショーの興奮のまま、握手会につないでいく

という感じではなく



「はい、終わり!」「次、握手会です」みたいな

バッサリ切れてしまった印象でした。


まぁ興をそがれたという感じです。



無理やり、これをプレゼントして考えた場合(笑)


バックエンドとして売りたい

握手会&サイン色紙の商品



前半の導入部分は最高だったのに

バックエンド紹介の直前に

休憩を挟んじゃいました的な感覚。



やるなら、

一気にバックエンドの紹介まで畳みかける。



せっかく良いプレゼンしても

バックエンドが売れなきゃ

勿体ないですよね。



ライダーショーを見て

そんな現実的な事を考えてしまった

お正月の1コマでした(笑)


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 欠点をウリに!隠さずに前面に出す。
  2. 経営者に必要な時間感覚
  3. 新しいことへの挑戦。自転車のペダルを踏み込むが如く。
  4. 小学校の取り組みに感動
  5. 「売って終わり」なんて勿体ないコトしていませんか?
  6. 小規模事業者のこれからは、どれだけキャッシュアウトを抑え込めるか…
  7. 継続の敵はストレス
  8. たかが1ヶ月、されど。。。本気度と取り組み方で結果が3倍変わる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP