Loading

ブログ

AIに仕事を取られる?


最近のAIの進歩ってすごいですね。

昨日、AIのシステムデモを見学したんですが、 普段ルーティンでやっているような作業も
AIにプログラムしてやってしまえば、 半永久的に作業をやり続けてくれるというありがたさ。

例えば、ある商品の販売価格を、ネット上のショッピングサイトから
検索して相場データを抽出し、自社の販売サイトで最安値で更新するとか

見積書のデータを自動で読み込んで、そこから発注システムへ展開するとか

今まで、人がチェックしたり、手作業で行っていたことを 全てAIが代行してくれる世界。

「すぐそこまで」ではなく、もう来てました!


さてここで、人間の仕事はAIに取られてしまうのか?


確かに、ルーティン化した作業や、単純な業務などは どんどんAIに取って代わられると思いますが、
当然、人にしかできない事は、まだまだたくさんあります。

お客様と直に接して、そのニーズや望みを汲み取るのは 人にしか出来ない事です。

企業としてやるべきことは、AIを導入してリストラをするのではなく  

そこで生まれた新たな人材を、「付加価値の高い=粗利益率の高い」 商品やサービスへ採用していき、企業全体の利益を底上げする。


AIに仕事を渡すのではなく、共存し分業する。

人とAI、それぞれが得意とする分野を伸ばし、企業全体として成長する。

AIも含めて適材適所が出来ると、更なる発展が期待できそうですね。


関連記事

  1. 不安の原因は、必要の無い情報を取り入れるから。必要なのは客観的事…
  2. 欠点をウリに!隠さずに前面に出す。
  3. YouTube…こだわりだしたらキリがない。沼の底は…
  4. 毎日やるとスゴイって言われる→やる気が出て続けられる。良い循環。…
  5. 利益率は高いけど単価が安い…小売だとなかなか数が裁け…
  6. 最後にポチる前に10秒考える。思い込みや思考省略を排除しよう。
  7. ひとり社長はパーソナルプロモーションを。
  8. ゼミやワークの醍醐味を潰すなかれ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP