Loading

ブログ

やめる勇気も必要


今回、運営店舗のからみで4日間の催事を行いました。

これって、一昨年の10月からやっているイベントで、 去年1年間は、まあまあ利益が出ていたのですが、 今年に入って、いまいち伸びが悪い。

広告の打ち方を変えたり、あの手この手を試しても 反応が良くない。

この部門、割と売上に貢献していたので、 このまま続けるか、迷うわけです。

「今回は良くなかったけど、日程が悪かったのかも」
「天気が悪かったから、今回だけ駄目だったのかも」
「前回は良かったんだから、次回はイケるはず」

なんて、うまくいく言い訳を考え始めるわけです。

ここで、根拠のない期待値を上げるから ズルズル続けて、引くに引けない状況になると。


そこで 前回のブログでも書いた、ビジョンを具現化する方法

「自分をスリムにする」

この部門の先に、自分の描いたビジョンがあるか?

「無いな」と結論づけました。

この催事、かなり時間的に拘束されるので、やりたいことが出来ない!

これは結構ストレスです。

で、これ続けてもなりたい自分につながる道筋が見えない。
しかも、最近の結果が事実を突きつけている。

この現実から逃避してはダメです。

今まで積み上げてきたことを、やめるのは勇気がいりますが、 根拠ない期待値は排除して、結果をただの事実として受け入れる。
そして、自分のビジョンと照らし合わせて、選択する。

それだけです。

うまくいかなかったことにしがみついて、時間を浪費するより それを失敗の事例として踏まえ、次回へ活かす。

この方が、よっぽど気持ちを上向きに出来そうじゃないですか?


さあ、これで空いた時間に、「やりたい事」が出来るわけです。

空いたスペースにどんなワクワクが飛び込んでくるでしょうか?

まずは1歩。やめる勇気も大切です。



関連記事

  1. 経験値0か1、この差は大きい。
  2. 諦めたらそこで試合終了ですよ~経営者が諦めなければ会社は終わらな…
  3. 本来の目的を見失わず、外野に惑わされないように。
  4. 時流に逆行して、敢えて「手書き」効果は抜群。
  5. 三人寄れば。。。考えもまとまる!
  6. 電話越しでも面倒くさいオーラ分かりますよ(笑)
  7. お客さんに手間を転嫁すると…
  8. 違和感を感じたら、早めの対処を。ケガは軽症の方が治りも早いです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP