Loading

マクロ思考からミクロ思考へ


仕事がら
様々な業種の試算表を
見る機会が多いのですが


一番目を光らせるのが

「利益率」

 

理由は
これの改善が
経常利益確保に直結するから

 

固定費の圧縮でも
可能ですが
事業規模が小さくなるほど
それほど目立った
無駄遣いは無いですから


やったとしても
年間100万も圧縮できれば
御の字

 

それより
利益率を改善した方が
断然効率的です。


例えば
年商5,000万円の企業が
利益率を10%改善するだけで
年間500万もの
利益を生み出すことが出来ます。

 

もし扱っている商品の
平均単価が5,000円だったとすると
売価設定を5,500円にするだけ
10%の利益率改善になります。


では、今まで5,000円で
満足していた顧客が
5,500円になったからといって
購入を控えるという事は
あるでしょか?


さらに
5,600円なら?
5,800円なら?
6,000円なら?


顧客が商品の対価として
高いと思うかどうかは
心理的なものが干渉するので
ある程度の幅があります。


5,000円が5,500円になるくらいなら
別に気にしない
という方は多いのではないでしょうか?

もちろん
商品の価値を十分に理解している
という前提になりますが。

 


会社全体として考えると
10%も利益率を改善して
500万も利益を確保するのは
難しそうに感じますが

 

商品1個の単価まで
落とし込んでみると
出来そうな気がしませんか?

 


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
マイナスイメージをギャップの心理で逆転する!

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに400号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県

関連記事

  1. 悲しいかな、人は忘れる生き物。タスクは記憶が新しいうちに。
  2. 鹿児島初開催!書いた人から売上が上がる『売上日報』セミナー
  3. やる気の源泉を知る方法。
  4. 売り方を変えただけじゃイマイチ。あともうひと手間が大事。
  5. 「検討します」は断り文句
  6. 経理やりたくないのはなぜ?
  7. ネットショップだからと言って…そんなオイシイ話はあり…
  8. 「ついで」買いという行動。これがなかなか侮れない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP