Loading

ブログ

タダなら見返り無しで。それ以外なら、しっかり有料で。

先日、コロナ融資対策セミナー的な

ものをZOOMで受講しました。

 

クライアントさんに何かしら

フィードバック出来ればと思い

受けようかなと思ったんですが、

 

受講料がなんと無料!

 

あー、何かしらのバックエンドが

有るんだろうなと思いつつ

いざ、パソコンの前に。

 

結論から申し上げると

「詳しくは有料セミナーで!」って

やつでした(笑)

 

 

まぁ、そうなりますわな。

商売ですから、タダでは情報提供しません。はい。

当然です。

 

 

それでも、バックエンドに引き込むための

事例紹介はあったので

「ほー、これくらいの売上でもこのぐらい借りれるんだ」とか

「ZOOMセミナーってこんな感じになるのねー」(もはやコロナ融資関係ないですがww)と

いくつかの気づきはあったので良かったかなと。

 

 

今回のやり方は、

無料セミナーを餌にして(言い方!w)

数打ちゃ当たる作戦で

ごそっと高額バックエンドで一気に売り上げを上げる

というやり方でした。

 

 

テーマがコロナなんで、

一発屋的なやり方で、良いと思います。

 

 

ただ、リピート戦略推しの私的には

あまり好きじゃない戦略です。

 

 

まぁ皆さんも

「無料」って言われると

「怪しい」って思う方がほとんどだと思います。

 

 

半面、タダならまぁ損はしないわけだし

という感じで、気楽に利用できるという

感情もあると思います。

 

 

で、見事なクロージングに引きずられて

バックエンドを買ってしまうみたいな(笑)

 

 

安価な入口商品を使って

メインのバックエンド商品を売る

という戦略は、全然ありですし、

 

 

実際私も、5,000円のセミナーから

月額数万円の顧問契約を販売したりしています。

 

 

ただ、入り口を無料(タダ)にする方法だけは

うーん、いかがなものかと。

 

 

我々のように無形サービスを販売する業種にとって

情報は大事な収入源です。

 

 

売り物として提供できるまでに

莫大な費用と時間、労力を投下して得たノウハウです。

 

 

それをタダというのは…

自分のサービスの価値を下げてどうすんの?

って思ってしまいます。

 

ただし、バックエンド無しの、完全にご厚意によるものは別ですよ。

こういう時期ですから、少しでもみなさんの力になりたいと

自分のノウハウをご提供されている、立派な方たちも

たくさんいらっしゃいます。頭が下がります。

 

 

そうではなく、普通に

タダでやろうとすれば、当然

情報の出し惜しみもするでしょうし

お客さんも、冷やかし半分みたいな方も多く

紛れ込むでしょう。

 

 

ZOOMなら成立すると思いますが

リアルでのセミナーだと

会場の雰囲気が悪くなります。

 

 

多少なりとも身銭を切って

しっかり聞く姿勢を持ったお客様に

出し惜しみなく

しっかり情報をお伝えして

 

 

自分で出来る方は、お一人で

サポートを必要とされる方に対しては

バックエンドのサービスをご紹介する。

この流れが、美しい(笑)かなと

 

 

次にもつなげていける

つまりリピーター戦略。

 

 

よく「タダほど高いものは無い」と言いますが

商売なんでそれでいいんですが、

 

 

入口をタダにするのは

結局情報を制限しないといけないですし

自身のサービスの価値を下げてしまうので

オススメできないかなぁ。

 


経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

安全に新しい売上を作り出す方法とは?


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 良い機材で完璧のはずだったのに…
  2. 最近アウトプットが怪しくなってきた??
  3. 家って建てた後の方が大事じゃない?建てて終わりじゃないですよ。
  4. やりたい事をやる。やりたくない事はやらない。経営者だからこそ出来…
  5. 染みついたクセを直すのは、しんどい…やり切るには明確…
  6. 逆境が訪れた時、どう向き合うか?
  7. 勝利の女神は人を選びます。ピンチにヒーローが助けに来るのは、マン…
  8. 一瞬の油断が命取り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP