Loading

ブログ

ダイヤモンドの原石を探しあてても磨く環境が無ければ、宝石にならない。

 

目下クライアントさんのお悩みの

トップ2は、売上アップと採用&育成

 

要は「お金」と「人」の問題

 

たまに管理体制を構築したいとという方も居ります。

売上の総額はこのままでいいけど

効率を上げて、時間の余裕を作りたいという方。

 

会計事務所出身なので、こっちも好きなんですが、

今日は「人」の話し。

 

特にここ最近は、人の問題をよく耳にします。

・求人出してるけど全然応募が来ない

・採用したけど、定着率が悪い

・スタッフのスキルが低い(成長が遅い)

 

この問題を解決しないと

無駄に経費と時間を費やすことになります。

 

採用コストも求人広告代がかかりますし

定着率が悪ければ、人件費と教育の時間コストを

無駄にしてしまいます。

 

スタッフの能力が低いと生産性が上がらず

費用対効果が悪くなります。

 

つまり、コストをかけて採用すると

相手が辞めると言わない限り

さらに年間数百万円の、人件費がかかります。

しかもこれが、売上に直結するかは不明。

 

定着して一人前になって初めて売上になる。

 

即戦力を採用した場合は、自社のカラーと

合うかどうかが問題になります。

 

以前のやり方を押し切りたい方も居るでしょうから

すぐさま、紛争勃発です(笑)

 

といった具合に、人を雇い入れて

定着させるには、様々なハードルが待ち受けています。

 

いったん採用すると、雇用し続けなければならない

というリスクを負います。

 

その点、コンサルタントなら

年間数十万の予算で、

業績の結果に応じては、解約することも可能ですし、

さらに売上アップの効果も期待できる。

もしかしたら、業務効率化を図るだけで

採用に頼らずに自社の業績を上げることが出来るかもしれない。

けっこう便利ですよ(笑)

 

冗談はさておき(ちょっとだけ本気ですがww)

採用には様々なリスクが伴います。

 

求人募集から採用までの

しっかりした筋道を自社で構築しておかなければ

いつまで経ってもいい人材には巡り合えません。

 

数打っても、ロードマップがいまいちなら

定着までの道のりは非常に険しい。

 

せっかくダイヤの原石を探し当てても

研磨する環境が無ければ、宝石にならないのです。

 

自社内で、新人育成や研修を

しっかりカリキュラムとして定着させ

最短で、売上を創出できる人材へと昇華する

 

そこまで準備してから採用ですよ。

 

辞めたから募集的な、

行き当たりばったりな採用をすると

例え、良い人が入っても

定着は難しいですよ。

 

 

経営者向けYouTubeチャンネル

■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 三日坊主脱却に必要な、継続×3ヶ月=習慣化という手法
  2. ボーナスステージへの到達条件は?
  3. 顧客の購買心理と最適なアプローチについて
  4. アイデアの化学反応。異業種が関わることで慣習や固定概念をぶっ壊す…
  5. 自己管理が苦手な人の必殺技!
  6. 購買というゴールに向かう階段。段差は低い方が昇りやすい。
  7. ヤル気には動機付けが必要
  8. 経理やりたくないのはなぜ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP