Loading

ブログ

良いものは安くしちゃダメ。良いサービスを提供し続けるためにも適正な単価を。

本日より、山口にて3日間の研修に
来ております。


目的は、株式会社日報ステーションが提供する
http://nippo-st.com/index.html

日報コンサルティングの
フランチャイズ契約をするための
研修受講。


同社の日報自体は、私も使用していて
その効果が実感できました。


是非とも鹿児島の経営者の方たちにも
日報コンサルティングを
提供していきたいと思い、


昨年の年末に決心して
FC契約を結ぶことにしました。


来月、セミナー等も行うので
詳細は、また後日。



そこで、同じく
FC契約をされる経営者の方が
2名いらっしゃいました。


そのうちの一人の方。


美容室を経営されている方だったのですが
いろいろとお話を聞くと


カットの単価が1万円です。との事。


おー。カットで1万円取れるんだ。
すごいな。と思いつつ
高単価が可能な理由を探ってみたところ
「それだけの技術があるから」
とキッパリお答えになりました。


これだよ。今の日本に足りないものは。
と、しみじみ思いました。


いつからか、良いものを安くという
流れがはじまり、それが今でも続いている状態。


それって違うんじゃね?と


消費者にとってはそれがありがたいですけど
それが当たり前になっている今の世の中ってどうよ?
と思うわけです。


良いものは、
材料だったり、輸送にコストがかかったり

高水準の技術を取得するために
長い年月を費やしていたり、


ノウハウを獲得するために
多額の自己投資をしたりと


多くの時間、労力、資金が
費やされているはずです。


それを安く提供する。


顧客がその価値を分かったうえで
安いと思い対価を支払うならまだしも、


その商品、サービスが
その金額の価値しかないと思っている
顧客が多くなってきているような
気がします。


値下げするのは簡単ですが、
価値に見合った金額に値上げするのは
大変な時代です。


企業が適正な利益を確保すれば
最終的には、従業員にも
還元できるようになるはずです。



前述の美容室のように
顧客にこのサービスは1万円の価値があると
自信をもってお伝えして
顧客もそれに納得して対価を支払う。


理想の関係だと思います。


そのためにも

そろそろ、「良いものは高い」という
概念を顧客に理解してもらう努力を
企業もするべきではないでしょうか?


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. トラブルの顛末、しっかり残してます?
  2. 令和2年元旦。さっそくチャレンジ。44歳YouTuber爆誕(笑…
  3. 業界の常識≠お客さんの常識。分かっているようで、浸透していない事…
  4. 今普通にあるものが、無くなった時。どれだけの対策が頭に浮かびます…
  5. ZOOM飲み会で再認識。リアルの大切さ。
  6. 売るんじゃない。買っていただく。単価も満足度も上がります。
  7. 経験値0か1、この差は大きい。
  8. それって「経費」で考えて大丈夫ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP