Loading

ブログ

自利利他=WIN-WINまさにこれ。

今回、新しい試みで、鹿児島で活動されている、ジュエリーデザイナーのKさんの商品を、うちのお店に置かせていただく事にしました。
(お店に商品が並んだ際に詳しくご紹介いたします)

以前、お会いした時に、ジュエリーつながりで話しが膨らみました。

うちが現在、リユースジュエリーの販売をしているのですが、時期によっては、商品の入れ替わりが少なく、ちょっと真新しさに欠けていたなと思っていた頃でした。

Kさんの手掛けるジュエリーをうちの店に置ければ、ショーケースの見た目もかなり変わり、デザインも、うちのお客さんの好みにも合いそうだなと思い

「置かせてもらえませんか?」というお話をさせてもらいました。


Kさんも、現在自分の作品の認知度を上げるため、販路を探していたということで、とんとん拍子で話がまとまりました。


前述したとおり、店の商品の魅力度があがるというメリットもありますが、今回は、ショーケースのスペースをお貸しして、委託販売という形をとらせていただきました。


指定のスペースを利用して、ディスプレイはKさんに自由にしていただき、実際の販売は、うちが行うというスタイル。

一気にお店の印象も変わり、商品も定期的に入れ替わるので、お客様も毎回、来店の楽しみが出来る。しかも、委託販売なので、在庫負担のリスクなし。

さらに、空けたスペース分、在庫が一気に減るので、キャッシュフローも改善するという副産物付き♪


Kさんにとっても、自分の作品をお客様に見ていただく機会が増え、販売はお任せできるので、製作にも専念できる。

と、お互いにメリットが多いお話になりました。

まさにWIN-WINの関係ってやつですね♪


しかし、世の中の多くの取引は、買い手の交渉力が強く、売り手が不利な条件で契約せざるを得ない事があります。


片方だけが良い思いをして、もう片方が嫌な思いをする関係…

長く続くとは思えません。


自社の利益だけを考えて、交渉力の弱い相手をないがしろにする。

そんな事をやり続けている企業に、大きな成長は無いでしょう。


取引先があってこその自社の価値

ともに成長していく事が、互いの利になるという考えが、双方ハッピーで、楽しくお仕事が出来るのではないでしょうか?


すなわちこれを「自利利他」と言う。ってな感じです^^


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに400号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 気になるけど、言わないお客さん。対策しないと、ズルズルと逃げてい…
  2. ついでにやってくれない?を引き出す。
  3. 購買というゴールに向かう階段。段差は低い方が昇りやすい。
  4. ひとり社長のための城子屋セミナー ~経営者は城で学べ~ 第2回 …
  5. 非対面だからこそ…
  6. 延長線上ではなくゼロフラットで
  7. 目的共有の無い話し合いには、オチが無い。交渉が遭難します。
  8. ターゲッティングは縦割り&深掘りで。横割りは意味が無いですよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP