Loading

ブログ

賃貸借契約時の将来コスト

この度、運営しているお店の出水店を契約満了により、閉店することにしました。

もともと、スタッフも置かず、初期費用もほとんどかけず、サテライトショップ的に運営して、
市場調査と今後の可能性を、検証していましたが、当初決めていた撤退ラインを下回ったので、

速攻で閉店することにしました。←これ大事。



さてここで、賃貸借契約についてですが、ここは、「定期建物賃貸借契約」なるものを契約しておりました。

細かい話は、専門家の方にお任せするとして、

要は、期限付きの契約なので、貸主さんにとっては期限が予め確定しているので、収入や借主選定のプランニングがしやすい。

借主にとっては、期間満了までは解約できない。再契約になるか不明。

といったデメリットがあります。

その分、敷金等の初期費用が、通常の契約より優遇されている場合も多いそうです。


私の場合、期間は、契約時に決めることが出来たので、検証ができる最短期間として、2年で契約しました。


テナントとして契約する場合は、内装工事などの初期費用もかかるので、なるべく長く続けたいと思うのが自然だと思います。


なので、先ほど言ったように「再契約になるか不明」という不安等が頭をよぎると、

「とりあえず、5年くらいで契約しておくか?」という

安易な発想で、契約されている方もいるのでは?と



うまくいけば、5年でも10年でもいいでしょうが、

万が一、そうでなかった場合…

契約期間が確定しているので、

仮に月額10万円の賃料で5年契約だった場合、

10万×12ヶ月×5年=600万円の

将来コストが確定するわけです。


見えない借金600万です。どうでしょう?
もし赤字なら、この600万どうします?


「やめたくてもやめられない」という悲劇が待っています。


創業当初は、予期せぬ事がたくさん起こります。

リスクを最小限にし、撤退ラインをしっかり決めておく

これをやって臨まないと、大変な事になります。



あと、撤退ラインを割ったら、速攻で動く

未練がましくズルズルいくと、余計傷口が広がります。


ギャンブルみたいに、「もう少し投資したら勝てるんじゃないか?」

みたいな考えで続けると、やり直しすら出来なくなりますので、ご注意を。


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに400号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. オンラインセミナーで、ウェビナーを使ってみた感想。
  2. たかが1ヶ月、されど。。。本気度と取り組み方で結果が3倍変わる。…
  3. 中華に行ったら、少人数でもいろいろ食べたい。でも食べきれないから…
  4. 最近アウトプットが怪しくなってきた??
  5. まだ利益率で売価設定してます?
  6. 時間経過で顕在化するニーズ
  7. 諦めたらそこで試合終了ですよ~経営者が諦めなければ会社は終わらな…
  8. 商品の「魅力(売り)」お客様にしっかり伝わっていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP