Loading

ブログ

身内の意見に顧客の本音が隠れている


現在、お客さんと進行中の新事業。

だいぶ方向性と、サービスの内容が固まってきたので、 実際のターゲット層に意見を聞いてみようという事に。

一般ユーザーの方に聞いても良かったのですが、 世の中けっこういい人が多いじゃないですか?
ちょっと不満に思った事があっても、みなさん人がいいので、あまり言っていただけないのでは?と

私自身も、面と向かって当事者に聞かれると、 悪い面は指摘しづらい性格なんです。

ならば!と、遠慮が全くない身内に聞くべしと、血迷った暴挙に出ました 笑

だって、ちょうどターゲットど真ん中だったのです。


なんか無性に恥ずかしさを覚えつつ、 75歳の父にプレゼン開始。

途中で「何やってるんだ?俺」との葛藤と戦うこと30分。

ようやくプレゼン終了。

事業の内容については、金額面などの問題や 顧客へのアプローチ方法についてなど、 サービスとしてはおもしろいけど、 お客さんにどのように伝えていくかが課題。
などと、思ったより貴重な意見がもらえました。


で、最後に「しゃべりが下手!」。。。。。。


なんつう直球。けっこう凹みました。


セミナーやってるので、お客さんの反応は気になりますし、 自分で音源も確認しているので、まだまだ改善の余地あり と、もちろん思っています。
お客さんは、面と向かえば「良かったです」と言ってくれるんです。 みなさん優しいですから 泣


身内でしゃべりにくかったという条件を差し引いても この言葉はしっかり受け止めようと思い。

早速、もっと分かりやすく、もっと飽きない内容になるように Action(改善)プランを作成。

おかげさまで、次回セミナーの内容改善にうまく活用出来ました。


みなさんも、身内にターゲット層が居るなら 思い切って意見を聞いてみては?


直球で思いもよらない本音が聞けるかもしれないですよ。


関連記事

  1. 続けるには「感情」を利用する
  2. 伝えたい事は間引くんじゃなくて、削る。
  3. 「Yes」or「No」接客は不正解。
  4. タダなら見返り無しで。それ以外なら、しっかり有料で。
  5. 本来の目的を見失わず、外野に惑わされないように。
  6. ホスピタリティさえあれば、固定客化できる?
  7. やっぱり良いものは良い
  8. 非日常で、現実を客観視する。そんな時間を無理やり作りましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP