Loading

情報は出さなきゃもらえない

昨日、現状いちばん力を入れて
参加している異業種会に
出席したのですが、


とある方との会話の中で
今後、事業を展開するうえで
重要な情報をキャッチしました。

 

そのおかげで
来年移行の取り組み方が
決定できました(主にお店の方)


拡大ではなく維持しつつ
動向を見ながら
別事業へシフトするか
撤退するかを判断する。

 

そんな感じに決めました。


おそらくこの情報を
聞いていなければ
もう少しフワッとした(笑)
方向性にしていました。

 

いやー、助かりました♪

 


実際にこの情報が
私の耳に入ってきたのも
私が何の仕事をしているかを
常に情報発信していたからです。

 

基本的に
私が参加している
異業種会の方々は
SNS(主にFacebook)で
ゆるくつながっています。

 


そこに
毎日のように
コンサルのブログを
アップしたり

お店の買取情報を
アップしたりと


普段私が
どんな仕事をしているかを
情報発信しています。

なので、
わざわざ言わなくても
「そういえば、浜崎さんって
○○されてましたよね。
この前、こんなことがあったんですよ」
という感じで

相手の方が
私に合った情報を
自然に提供してくれます。

 


逆の立場でも
相手の業務内容を知っていたら
それに関連する話題を
話した方が良いかなと
思うはずです。

 

 


常日頃から
自分の活動内容が
周りに周知されていれば

いざとなった時に
関連情報が舞い込んできます。

 

 

多くの異業種会は
お互いの業種を知らないまま
お付き合いしていて

いざ案件があった時でも
候補にすら入れてもらえず

後から、「え?○○さんも
この仕事やってたの?
もう、早く言ってよー」みたいな
こっちが悪い的な
お言葉を頂くこともあります(笑)

 

 


会自体で
自己アピールが難しいなら
SNSで繋がっておいて
そちらに情報発信を集中する。


これで自分の仕事が
どんな内容かを
知ってもらう事が出来ます。

 

しかし、ここで注意点としては

SNSは垂れ流し情報なので
頻繁にアップしなければ
すぐに埋もれて
忘れ去られてしまいます。

 


お友達の印象に
「そういえばアイツ、、、」レベルでも
しっかり刷り込みが出来るように

 


短いスパンで
情報発信をする。

 

ただ、アップすれば良い
というわけでは
ありませんよ。

 


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
マイナスイメージをギャップの心理で逆転する!

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに400号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 良い機材で完璧のはずだったのに…
  2. たかが1回の休みくらい…その1回が自分のすべてを崩す…
  3. オンラインの潮目を見極める
  4. 結局何してくれるんですか?と言われても、、、
  5. 試行錯誤を体系立てれば、ノウハウになる→商品化へ
  6. ひとり社長のリスクマネジメント
  7. 数ヶ月後生まれ変わるために。今で出来ることを。
  8. 90分と180分の違いは時間だけ? ハーフマラソン完走して、フル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP