Loading

ブログ

失敗から学んでも、その後のフォローを間違うともったいない事に…

ども、日報コンサルタントの浜崎です。

コロナの真っただ中

先行きもよう分からん状態で
5月後半なら、何とかなるかな
という願いも込めて計画した

今月26日開催予定の「売上日報セミナー」
https://peraichi.com/landing_pages/view/nipposeminar


会場を抑え、チラシを印刷し
LPを作ったりと


ネット関連の告知は
後でいかようでも修正できるので
良かったんですが、


チラシは擦り直しするわけにはいかないので
念のため、
状況次第でオンラインに移行するかも
という注意書きをしておきました。


自分の中では
最悪、オンライン開催でも
対応できるようにという判断で
準備を万端にして


いざ、告知!



……



反応薄っ!(笑)



これは、やっちまったなぁと。
少し焦りました…



実際、コロナでバタバタしてたら
そんな先のセミナーの事なんか
考えられるか!

という方も多かったでしょうが

これは、織り込み済みで
そんな中でも意識高い方は来るだろうと。



それよりは、こっちの方
開催方法にオンラインを匂わせたのが
まずかったのかなと。


リアルか?オンラインか?
みたいな告知って
申し込む側からしたら


結局どっちなんだよ!って


私なら思います(笑)


じゃあ最初っからやるなという
お叱りは甘んじて受けます(笑)



いかんせんアナログ媒体での
告知があったもんで
保険をかけてしまったんですが


これって

原則店内飲食ですが
場合によってはテイクアウトに
なるかもしれません。

って言ってるのと
同じようなもんです。(無理やり感w)


はっきり決まってから教えてくれと
言いたくなります(笑)


というわけで
最初はリアルのみで告知して
最悪、開催できなかった場合は
個別に連絡をとって
オンライン化へのフォローをすべきだったなと


チラシという変更不可の
媒体の存在によって
変な気を回し、余計な保険をかけたせいで
本来のお客さん心理を見誤った

という事例でした。


とまぁ、こんな感じで(笑)
今回のように
先が不透明で予測しづらい中だと
選択を迫られた際に
結果としてうまくいかない場合があります。


しかし、
計画、行動して
結果が出れば
それに基づき、検証、改善をすることで
次へ繋げることが出来ます。


私も、今回の結果を踏まえて
次は同じ轍は踏まないでしょうし

こうやってブログのネタにも
出来ました(自虐w)



ただ、頭で思っただけだと
その場では反省しますが
日が経てば、そのうち忘れます


そしてまた
同じ過ちを繰り返す
悲しいかな、人間とはそういう生き物です(笑)


対策として最も有効なのは

忘れないうちに記録しておく

という事。



うまくいかなかった事があった時
記憶の新しい早い段階で
検証して、改善案を検討する

そして、その過程を可視化しておく。


これを日々実現できる仕組みを
ツール化したものが「PDCA日報」です


日次でPDCA(計画→行動→検証→改善)を行い
それを記録として残す


毎日365日、自分だけの
貴重なノウハウをデータとして蓄積し
今後のマニュアルとしても活用できます。



こんな便利なツールの活用方法や
実際に活用されてる日報の雛形
具体的な事例集等々
すべてを2時間で学ぶことが出来るのがコチラ


<書いた人から現状脱却!>
【経営者のための売上日報セミナー】開催!
お申込み・詳細は以下のリンクからお願いします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/nipposeminar

今度こそZOOM開催に決定しましたので
安心してご参加ください(笑)

以下、動画でもご案内しております♪


■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■
書いた人から現状脱却!<売上日報セミナー>のご案内


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 非対面だからこそ…
  2. リーダーは「公平」に評価を。
  3. 定量より定性
  4. スゴいと思っている人でも、万能ではない。
  5. 約束の期限、いつがベスト?
  6. ポイントカードでリピーターは作れない。
  7. 沈黙は味方。恐れずに。
  8. 場数こそ最強ツール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP