Loading

ブログ

オンラインセミナーで、ウェビナーを使ってみた感想。

ども、日報コンサルタントの浜崎です。


今回初めて、ZOOMのウェビナーという
システムを使ってセミナーを開催しました。


前撮り型のオンラインはやっていましたが
ライブ形式は初でした。


まず、ZOOMでセミナーをするなら、
ミーティングとウェビナーがあります。


ミーティングは、皆さんもご存じ
1対1の面談から、ZOOM飲み会まで
幅広く利用できるやつです。


双方向で顔を見てやり取りできるのが
便利です。


これを使ってセミナーをするケースもありますが、
私は少々デメリットを感じました。


セミナー参加者同士も顔が見えるので
こっそり参加したい方にとっては
オンラインならではのメリットが享受できない。


さらに、参加人数も分かってしまうので
集客がうまくいかなかった場合
盛り上がりに欠ける可能性がある。


といった事を感じたので


ならばということで
ウェビナーのシステムを利用してみることに


これを利用するなら
ZOOMのプランを有料のプロプランに変更して
さらにウェビナーのオプションを付ける
という契約に変更しないと使えません。

月額プロ2,000円+ウェビナー5,400円(税抜)の出費です。



こちらは、参加者同士はお互いの顔も人数も
分からないので、安心して参加できます。

ただ、いろいろ調べた結果。

主催者側からも、参加者の顔を確認する事は出来ないという
事実が発覚!マジか!

パネリストに昇格すれば、
顔を見ることが出来るのですが


これやっちゃうと
結果、ミーティングと変わらんという。。。


なので、顔も反応も分からない
参加者にむけて
ひたすらしゃべり続けるという

感覚的にはYouTubeみたいな感覚での
セミナーになりました。

唯一の救い?と言えば
Q&Aとチャット機能があるので
参加者からの反応や質問を受けながら
出来るというとこぐらい?


これだったら、コスパで考えると
録画配信の方がいいかなぁと
思ったりしました。



結論。
参加者の方が、顔バレしても良くて
少人数を前提にしているセミナーなら
ZOOMミーティング。


それ以外なら、録画配信でもいいじゃね?

と思いました。



無料セミナーで
とにかく人数集めて
チャットやQ&Aで、盛り上がってる感を出しながら、
数の暴利でバックエンドを売りつける(笑)

スタイルのセミナーなら、ウェビナーかなと。



このタイプは、私はしないので(笑)

というか集客が大変だし
無料なんで、バックエンドの成約率が悪い(笑)



顔出し了承、少人数型ZOOMミーティングか

録画配信型で動画サイト利用の

2択で、状況に合わせて使い分ける


という結論に落ち着きました。


ウェビナーで、
主催者側だけ参加者の顔が確認できれば
最高に良かったんですけどねー。


そんなシステム無いんかなぁと思った
今後につながる有意義な1日でした。



経営者向けYouTubeチャンネル
■ 浜崎裕充の【ハマる視点】on YouTube ■

売上の軸を増やして、多角経営ってリスク高い

チェンネル登録お願いします♪

 


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 売上が落ちたのはコロナのせい?根本的な問題を解決すべき。
  2. ひとり社長だからこそ、自分のビジネスを見つめなおす時間作っていま…
  3. 時間があったら仕事したい衝動をグッとこらえて、遊びに没頭してみる…
  4. 非日常で、現実を客観視する。そんな時間を無理やり作りましょう!
  5. 出来る人、出来ない人、行動力の差はコレ。
  6. ネットショップだからと言って…そんなオイシイ話はあり…
  7. ボーナスステージへの到達条件は?
  8. 出すべきところと、極限まで削減するところ、見極めが大事。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP