Loading

ブログ

しゃべるスキルよりどれだけ気持ちを乗せられるか。忘れちゃいけない「情熱」

11月7日から全3回に分けて実施した

曽於市商工会様主催の「ビジネスプラン作成セミナー」

無事に終了しました。


当初、ビジネスプランをテーマにいただいたので、

大切さであったりとか、作り方メインでやろうかと

考えていたのですが、何か違うなと。


大切さって人から教えてもらうものじゃなくて

自分の心の底から思えるものでなければ駄目ですし、

作り方なんてのも、ネットでも本でも情報はいくらでもあります。



ならば、もっと本質に近いもの。

自然と「ビジネスプランって大事だな」と思ってもらえる

着地点にしないと意味がないでしょ!と。


ということで、スキル的な部分や方法論は

極限までぶった切って、目的設定の大切さを伝えたり

私の失敗談を反面教師にしてもらったり


「こうやったら、こうなっちゃいますよ」

「だから、ビジネスプランをしっかり作って、こんな風にならないようにしましょうね」

ってな流れでさせて頂きました。



はい。まさに身を削って(笑)お伝えさせていただきました。


少しでも私の熱いパトス(笑)が伝わっていれば、幸いでございます。


ここ数ヶ月、セミナーの講師をさせて頂いて気づいたこと。


役に立ちそうなノウハウや、スキル的なお話は

確かに受講生の方の反応は良いですが、


自分の経験や本当に伝えたい事には、気持ちが乗ります。

それが皆さんに伝わったと感じた時、なんとも言えない一体感がありました。

あー、アーティストがライブで味わう感覚ってこういうことなんだろうな

と勝手に妄想しておりました(笑)



小手先のスキルやノウハウで、多数のそこそこのニーズを満たすより

自分の全力を受け止めてくれる少数のコアなニーズを満たす方が

講師として大切なんだという事を、改めて実感することが出来ました。


1回のセミナーだけだとなかなか感じることが出来ない感覚。

2時間×3回という時間を過ごしたからこそ、

分かることもありました。


人の気持ちを動かすのは情熱。

松岡修造さんの言葉が響くのは、情熱を感じるから。

そういう事なんだなと。



本当に、こういう機会を与えてくださった事に感謝でございます。

今回受講してくださった皆さんが少しでも

前向きに今後の事業に取り組んでいただけたらありがたいなぁと

思って止まない3日間でした♪



というわけで、基本私のセミナーは

気持ちでしゃべる的な部分も多いので

モチベーション寄りな感じですが、

これが無いと手段を講じる原動力にもなりません。


しっかりモチベーションを維持させながら

売上倍増の仕組みを構築するという流れでございます。


モチベーションと売上構築の両輪をお伝えする

「収益倍増&ビジョン達成の【スキル】セミナー」

会場orオンラインでお待ちしています♪

※12月8日(日)までの受付となります。


____________________________________


~3ヶ月であなたのビジネスを生まれ変わらせる~

収益倍増&ビジョン達成の【スキル】セミナー

&3ヶ月集中コンサルティングサービスのご案内

<鹿児島会場>
2019年12月11日(水)13:30~16:30(13:15開場) @県民交流センター


<オンライン受講>
2109年12月20日(金)14時
     22日(日)23時までの間
  


受講料:5,500円(税込)
 ※クレジットカード払い、銀行振込にてお願い致します


詳細・お申込み
https://peraichi.com/landing_pages/view/hitoriseminar02


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 暗闇で必要なのは、コンパスとライト。目標と日報でコロナを乗り越え…
  2. オンラインの理想的な使い方
  3. シンプルイズベスト。お客さんは基本めんどくさがり。
  4. お客さんにならなかった方へのフォロー。やってますか?
  5. 詰め込みすぎると動かない。走り出すまでは、身軽で。
  6. 伝えたい事は間引くんじゃなくて、削る。
  7. 習慣は簡単には変えられないのが普通。慌てない慌てない。
  8. ひとり社長のための「売上」と「やる気」を2倍にするセミナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP