Loading

ブログ

お客さんに手間を転嫁すると…

久しぶりに食べたくなって

お店近くの「丸源ラーメン」さんへ

https://www.syodai-marugen.jp/index.html

 

行くと必ず食べてしまうのが、鉄板チャーハンとのセット。

アツアツの鉄板にのったチャーハンのまわりに

提供と同時に溶き卵を「ジャー」っと

卵が固まらないうちに、混ぜ混ぜして

チャーハンが完成♪

 

周りからも、鉄板とスプーンが「カンカン」当たる音

みんな混ぜてるねー

 

「お客さんに手間を転嫁する」この手法。

よくありますよね。

 

昔からあるお好み焼きを自分で焼くシステムやバイキング

ショッピングモールのフードコート

本屋の書籍検索端末やレンタルショップの在庫検索端末

等々、

 

本来お店のスタッフがやる仕事を

お客さんに転嫁したシステム

 

店側からすると、

人件費等の削減につながるメリットがありますが、

 

お客さんも、自分でした方が楽しかったり、

いちいち人を探して頼む手間が省けたりと

メリットがあります。

 

ものによっては、それがやりたいから行く

なんてお店もあります。

 

普通に美味しいチャーハンを出されるより、

最後の仕上げを自分でやれるチャーハン。

どのタイミングで混ぜれば、良い感じの火の通り方になるか?

なんてこだわりながら、混ぜ混ぜしちゃうわけです(笑)

 

普段できない経験をせてもらえるという「楽しさ」を

お客さんに提供する事ができるわけです。

 

自分の仕事をあえてお客さんにやってもらうことで

逆に商品の付加価値が上がってしまうという

一石二鳥のシステム。

 

他店と比べてスペック的にあまり差がない商品でも

手間を転嫁することで、

新しい商品に、生まれ変わる可能性があります。

 

これで「売りやすい商品」の出来上がりです。

今ある商品の売り方を一生懸命考えるより

売れる商品を作り出す。

 

そんなノウハウを凝縮して集めた

収益倍増&ビジョン達成の【スキル】セミナー

詳細・お申込み
https://peraichi.com/landing_pages/view/hitoriseminar02

 

12月11日(水)開催いたします。

 

売りやすい商品の作り方や、

お客さんをリピートさせるための戦略

それを実行に移すまでコミットする方法

等々、

3時間使って全出ししていきます!

 

12月20日(金)よりオンライン受講もありますので、

遠方の方もお気軽にご参加ください。

 

12月8日(日)までの受付となりますので、

お早めに!

 

詳細・お申込み
https://peraichi.com/landing_pages/view/hitoriseminar02


▼▼▼日刊無料メルマガ「浜(ハマ)る視点」の購読はこちらから▼▼▼
ブログを読まれて、それ分かる!あるなぁそいう事。と感じた方は、気が合うと思います(笑)良かったらメルマガもいかがでしょう? 毎日投稿宣言をして、現在も継続中!ついに300号突破!みなさまの登録を励みに頑張っております♪
*メールアドレス
*都道府県


関連記事

  1. 目標達成の原動力。「真本音」にアプローチする。
  2. スゴいと思っている人でも、万能ではない。
  3. どうせ同じ仕事をするなら、楽しんでやった方が良くないです?
  4. うまくしゃべることが目的になっていませんか?
  5. アナタの周りの人、みんな同じ方向、向いていますか?
  6. 自分を高めてくれる存在。アナタの身近に居ますか?
  7. 顧客の購買心理と最適なアプローチについて
  8. やめる勇気も必要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP