Loading

ブログ

定量より定性


昨今、金融機関でも良く言われている、定性要因を重視すべし!


先日受講した、牛窪恵さんの講演でも触れていたのですが、 トレンドを探る上でも、手間はかかるが定性的なデータを取るのが大切 とおっしゃっていました。


普段から、様々な場所で目にするデータというもの

客観的に情報が理解でき、全体の分布や偏りなども確認できるので、 役に立つなぁとは思います。

ただ、広く目にするビッグデータは、結果の蓄積であって、 その結果に至るまでの行動や心情は読み取ることが出来ません。


人が行動に移す時、その気持ちの変化などは、定量的なデータでは分析出来ません。

「カップのバニラアイスを気温30度の月曜日14時に、30代の男性が買った」

という定量的なデータでは、その結果に至った感情は分からないわけです。


「午前中から外回り、湿気がひどくて、うだるような暑さ、お昼を食べた後、 ちょっと甘いものが欲しくなって、普段は食べないアイスを食べたくなった」

こっちが定性的なデータ。これは本人に聞かないと分からないデータ。

でも我々が欲しいのは、この定性データ。


アイスが好きな人ではなく、暑さを和らげたい、お昼のお口直しが目的にアイスという手段を選んだだけの人。


ただ、アイスを売るのではなく、お客さんのかゆいところに手が届くアプローチをする。


ちょっとした気配りで、他店との差別化が出来れば、固定客をつかむことが出来ます。


そのためにも、定性的データを積極的に集めてみてはどうでしょう?



関連記事

  1. 売り手の思い込みと買い手のニーズ。自己満足ではなく、お客様の声に…
  2. 忘れるスピードを侮るなかれ
  3. コンサルタントが胡散臭いと思われる理由。
  4. 数字って苦手…なんて言ってたら、いろんな場面で、損す…
  5. 経営者は基本ボッチ(笑)
  6. 小学校の取り組みに感動
  7. 売る相手に応じて売り方を変えてます?
  8. 間口でお客様を選別する。フィルターにかけないと後が大変。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP